FONT SIZE

メインメニュー












ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

Facebook

Twitter


Twitterボタン

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» こおりやまポータル構築ガイド

目次


そもそも「ポータルサイト」とはどういう意味なんですか?

ポータルサイトとは、インターネットにアクセスするときの入口となるウェブサイトのことです。

ポータル(portal)とは、港 (port) から派生した言葉で、門や入口を表します。このことから、インターネットにアクセスするために、多様なコンテンツ(例えば検索エンジン、ウェブディレクトリ、ニュース、オンライン辞書、オークション、メールサービスなどのサービス)を有するサイトをポータルサイトというようになりました。

■主なポータルサイト
・Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)
・Google(グーグル)
・goo(グー)
・MSN(エムエスエヌ)
・Infoseek(インフォシーク)
・Excite(エキサイト)
・@nifty(アットマークニフティ)
・BIGLOBE(ビッグローブ)
・So-net(ソーネット)

インターネットエクスプローラなどインターネットを閲覧するソフトをブラウザと言いますが、ブラウザを起動したとき最初に表示されるページ(ホームページと言います。)には上記の主なポータルサイトのいずれかになっている方が多いと思います。

こおりやまポータルは郡山市民のポータルサイトでありたいという思いで作成しています。こおりやまポータルをホームページにして頂ければ幸いです。
こおりやまポータルとはなんですか?
平成24年度「郡山市シティセールス認定事業」の認定を受け、制作をしています。

※郡山市シティセールス認定事業
郡山市のイメージアップや認知度、知名度の向上、集客、交流人口や居住人口拡大につながる事業を募集し、認定した団体に対して広報活動等を支援する事業です!

【こおりやまポータルの目的】
■官民の情報を一体化したポータルサイトを立ち上げ、郡山市の魅力を内外に発信します。
■地域住民をリポーターとして活用し、頻繁な更新を行う「生きたサイト」「毎日見たいサイト」を作りあげ、商店街や地域活性化の促進に貢献します。
■ほとんどすべてのメニューにログインすることなく、一般市民の方が情報や写真などを投稿することができます(スタッフの承認後掲載)。このことにより、双方向・地域住民参加を促します。

【こおりやまポータルの概要】
■郡山市との協力による行政情報と、市民リポーターを活用した新鮮な情報が手に入る総合ポータルサイトの構築
■トップページ、イベントカレンダー、募集・お役立ち情報、フォトアルバム等の豊富なメニュー構成

平成24年度「郡山市シティセールス認定事業」⇒こちら
こおりやまポータルはどうやって作っているのですか?
こおりやまポータルはXOOPS Cube(ズープス キューブ)というCMSで構築しています。

※CMSとは
Content Management Systemの略称です。テキストや画像など様々なデジタルコンテンツを統合的に登録、管理、更新、配信をするために仕組みのことで、ウェブサイトを効率的に管理するシステムのこと。

XOOPS Cube公式サイト ⇒ こちら


通常、高機能なウェブサイトを構築するには、高価なハードウェアとソフトウェア、高度な技術力が必要で、さらに多大な時間と労力も要ります。XOOPS Cubeは無償のソフトウェア(フリーウェア)です。その他にも2,3のソフトが必要ですが、それもフリーウェアを使えるので、少なくともソフトに関してはほとんど費用はかかりません。

当法人使用ソフト一覧
 
 ●圧縮・解凍ソフト   ⇒ Lhaplus
 ●FTPソフト     ⇒ WinSCP
 ●テキストエディタ   ⇒ サクラエディタ
 ●写真加工・編集ソフト ⇒ Photoshop Elements(有料)

なお、レンタルサーバ、ドメイン、参考書などの費用は発生しますが、決して高価な費用ではありません。
なぜ、XOOPS Cubeにしたのですか?
XOOPS Cubeの「XOOPS(ズープス)」は、Extensible Objected Portal Systemの略称で、翻訳すると”拡張可能なオブジェクト指向ポータルシステム”です。
以下、どうしてXOOPS Cubeを採用したのか詳細に説明します。

■情報(コンテンツ)とデザイン(テーマ)の管理が分割

情報の作成ではポータルサイトのデザインを意識する必要がなく、デザイン担当はウェブデザインに集中できるのでサイト全体の品質を高いものにできる上、さらに作業時間や管理の効率も向上します。
テーマは世界中のテーマ作成者より無償で提供されているので、自サイトで気に入ったテーマを使用することができます。

■高い拡張性

「modules(モジュール)」というソフトウェアをを追加すると、ポータルサイトに様々な機能を追加することができます。

平成24年12月1日現在、こおりやまポータルには以下のmodulesが追加されています。

 イベントカレンダー ⇒ piCal
 フォトアルバム   ⇒ myalbum
 地域の情報     ⇒ bulletin
 新着情報(福島県・郡山市)⇒ xhld0
 こおりやまポータルガイド ⇒ xoopsfaq
 リンク    ⇒ links
 ダウンロード ⇒ mydownloads
 お問合せ   ⇒ contact
 サイトマップ ⇒ sitemap

ほとんどすべてのmodulesにおいて、ログインせずに情報や写真、コメントの投稿が気軽にできる(サイト掲載はスタッフの承認後)ことが、こおりやまポータルの最大の特徴です。
また、イベントカレンダーでは官民情報の一元化を図ります。

以上の特徴を持つこおりやまポータルは、双方向・地域住民参加型ポータルサイトとして十分な機能を備えています。


<追記>
双方向や地域住民参加を謳っているサイトはかなり多く見かけますが、その多くが閲覧者のアクセス権としてコメント機能のみまたはコメント機能+α、しかもそのサイトに登録をし、ログインをしないとコメント等ができないという場合が多いのが現状です。
敷居が高いと一般市民には敬遠されがちになり、双方向性や地域住民参加という所期の目的は達成しにくいのではないかと思われます。

こおりやまポータルはこれからどのようなサイトになっていくのですか?
作成中。


[ メインページ ]
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。