FONT SIZE

メインメニュー












ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

Facebook

Twitter


Twitterボタン

赤川 安正(あかがわ やすまさ)奥羽大学 学長にインタビュー

 日 時:平成27年6月2日(火)、午後1時〜1時30分
 場 所:奥羽大学学長室

1.大学の創業はいつですか?また、学長になられたのはいつですか?
昭和47年(1972年)に東北・北海道地域における唯一の歯科大学「東北歯科大学」として開学し、平成17年(2005年)には、福島県で初めての薬学部を創設しました。
今日まで、歯学部では4,057名、薬学部では542名の卒業生を世に輩出しています。

学長になったのは2年前、平成25年4月1日です。

2.理念・教育目標について教えてください。
「高度な専門知識と技術を備えた人間性豊かな歯科医師、薬剤師を育成すること」を理念・教育目標としています。

3.学部の特色などをご紹介ください。
本学には歯学部と薬学部があり、4つの大きな特色があります。
●自然あふれる美しいキャンパス
緑に囲まれた自然豊かな日本有数の美しいキャンパスは、四季折々に花が咲き(冬は雪が積りますが)、静寂の中にも心地よい鳥のささやきが聞こえ、心が癒されます。
このような教育環境の中で人間性豊かな人格が育まれます。
●専門医療人の育成
歯学部は歯科医師を、薬学部は薬剤師を育成しています。
歯薬合同教育プログラム
年時から歯学生と薬学生が合同で学び、多職種協働の意識を育みます。
●熱心な教育指導
歯学部、薬学部とも教授を含む全教員が学生に近く、学生に寄り添った学修・生活指導をしています。教員間の距離、講座や分野間の距離も近く、教員相互での交流も多いので、学生を強力にサポートすることができます。

4.奥羽大学の学生に望むことは?
3つのことを強く望みます。
●「自らの目標(歯科医師になる・薬剤師になる)に向かってひたむきに、できる限りの努力をする」 こと。
●「礼儀正しさを身につける」 こと。
●「他者への思いやりを持つ」(論語でいう「恕」を持つ)こと。

5.在学生や、これから奥羽大学を目指す学生へメッセージをお願いします。
「歯科医師になる」「薬剤師になる」すばらしい職業選択です。
本学は先進の教育環境を整え、入学しやすいよう授業料を下げ、また新しい特待生制度(6年間授業料全学免除、両学部30名ずつ)も作りました。
さらに、新しい教育イノベーションプログラム(*)により、教職員全員一丸となって皆さんを教育しています。
日本有数の美しいキャンパスを持つ本学で、課題発見・解決能力を身に付け、歯科医師・薬剤師になるべく「歯学」「薬学」を学び、自分の夢を叶えてほしいと願っています。

*教育イノベーションプログラムの例
● 豊かな人間性を育む
「医療倫理学」「医療コミュニケーション学」「医療心理学」で優れた医療人になるための「医の心」「恕」を学ぶ 。
● 大学で学ぶのに必要な基本スキルを習得する
「アカデミックリテラシー」で大学で歯学・薬学を学ぶための「読む」「書く」「聴く」「議論してまとめる」スキルを身につける
● 課題発見・解決能力を育む
「エレクティブスタディ」で自ら関心のあるテーマをみつけ、文献を検索し(あるいは研究し)、まとめて発表することで、主体的に課題を見つけ解決しようとする能力を身につける 。
● 時代が求める新しい学問分野を学修する
口腔インプラント学、在宅歯科医療学、在宅医療薬学などを学ぶ。
● 多職種協働の意識を育む
歯学部・薬学部の1年生が合同でオリエンテーションキャンプの後、チーム医療学・チーム医療学実習を学び、将来の多職種連携の意識の基礎を作る。

<編集後記>

赤川安正学長は、口腔インプラント学や高齢者歯科学の分野で世界をリードする優れた先端的研究を進めたことが評価され、2013年国際歯科研究学会(IADR)の最優秀科学者賞(歯科補綴学・インプラント学部門)、平成26年度日本歯科医学会会長賞(研究部門)を受賞されました。
また、郡山市教育委員会と「学生のボランティアによる児童生徒の学習支援等への参画に関する協定書」を、郡山市内の他の2大学および1短期大学部とともに取り交わし、郡山市立の小学校・中学校へ学生ボランティアを派遣し、児童生徒の学習支援を通して交流を深め、郡山市の教育水準の向上を目指すなど、新たな形で地域社会に貢献できる大学を目指されています。

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
小口 潔子 四季彩一力女将
コンテンツのトップ 次のページ
牛井渕 浩三 郡山健康科学専門学校 事務長