FONT SIZE

メインメニュー












ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

Facebook

Twitter


Twitterボタン

椎根 聡人(しいね あきひと)郡山青年会議所理事長へインタビュー

 

日 時:平成25年7月5日(金)、午前11時〜12時

 

2013年度郡山青年会議所理事長の椎根聡人さんにインタビューをするため堂前町の事務所を訪問しました。

質問と回答は下記の通りです。

1.    JCIとはどんな組織ですか?

 世界的組織であり、全国に698か所、35,000名のメンバーが所属しています。郡山は全国で197番目、福島県内では3番目の設立になります。
明るい豊かな社会の実現を目標に、毎年スローガンと理事長を変更しています。今年のスローガンは「Breakthrough」、復興のため出来ることを一歩ずつ、今を切り開いて行くことを掲げています。
 

  


2.    主な活動をお聞かせください。

・「エネルギーキッズカレッジ」
郡山市内の小学46年生とその保護者を対象に、自然への感謝と新エネルギーに対し興味と想像性を深めていくために開催しています。子供達にどんな郡山にしていきたいか考えさせ、夢や目標を持たせることが大切。

・「スマイルサウンドカレッジ」
楽都郡山の未来を担う若いミュージシャンに演奏の場を提供するため、郡山市内の中学校・高等学校・大学・専門学校に在学する学生を対象に郡山駅前の広場などで公開無料レコーディングやレッスンをしました。

・「第52回久米賞・百合子賞」
JCI創立から続いており、去年は300作品の応募がありました。郡山市内に在学・在籍する中学三年生を対象に募集中です。

・「GReeeeNモニュメント」
2009年に郡山駅前にあるGReeeeNの記念モニュメントを作りました。このどこでもドアのような扉はGReeeeNメンバー自身からの要望で、郡山が夢を持つ若者の上京を応援し、夢に破れた時もいつでも帰れるような開かれた場所であるという想いが込められています。また、それにちなんでご当地グルメとして「グリーンカレー」を企画しました。





 

3.    今後の展望についてお聞かせください。

 音楽で郡山を元気にしていけたらと、この9月に音楽祭を企画しています。
 郡山市を愛し続けていける人材育成を目標に、郡山にいても安心で楽しいということを発信していきたい。
 
 

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
品川 萬里 郡山市長
コンテンツのトップ 次のページ
鈴木 光二 郡山市自治会連合会会長