The Name of the Country

The Japanese refer to their country as “Nippon” or “Nihon” These two names apparently have their origin in the words “place from where the sun rises” used by prince Shotoku, an early seventh-century Japanese ruler, to designate his country in a letter he sent to China. The designation “place from where the sun rises” translates into Chinese characters which can be read either as “Nippon” or “Nihon.”

Both readings are in general use today. However, “Nippon” is the more common choice in formal matters as can be seen, for example, from the corporate name “Nippon Steel Corporation.”

There are two widely held explanations regarding the origin of ”Japan” and similar names used in the European languages. According to one these, these names come from “Zipangu” or “Jipangu” which are Portugese attempts at pronouncing “Jihpenkuo,” the name for Japan in northern China.

The other has it that they come from the Dutch “Japan” taken from “Yatpun,” the name for Japan used in Southern China.

“Japan” has been chosen as the formal name designating the country in the English language.

Cited by「cafe21」
http://cafe21.net/


国名のいわれ

国内では、ニッポンまたはニホンと呼んでいる。これは7世紀のはじめ、政治を行なっていた聖徳太子が中国に送った国書に、自国のことを「日の出るところ」 と表現しているが、その意味をとった漢字の表現すなわち「日本」をニッポン、ニホンと読むことにしたものであろうといわれている。

二つの読み方は現在どちらの読み方も用いられているが、ニッポン・スティール・コーポレイションの社名にもあられわれているように、公式の場合には、ニッポンという読み方を使うことが多い。

Japan,あるいはこれに類する欧語の呼び方の由来には、2説がある。その一つは昔、中国北部地方で、日本国のことをJih pen kuo と読んでいたのを、ポルトガル人がZipanguまたはJipangu と聞いたという説である。

今一つは、中国南部地方で日本のことをYatpunというのをオランダ人がJapan と聞いたという説である。なお、英語による日本の正式国名表示は Japan である。

引用:cafe21
http://cafe21.net/