FONT SIZE

メインメニュー












ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

Facebook

Twitter


Twitterボタン

Traditional Arts and Crafts-Ikebana

Ikebana, the Japanese traditional art of arranging cut flowers, started to flourish in the fifteenth century.

At first, the emphasis ikebana was on the materials and forms as they existed in their natural state; gradually, though, while continuing to employ natural materials, ideological significance became attached to the compositions.

That is, three basic sprays were used to signify, respectively, sky, earth, and mankind, and their arrangement was to express the harmonic balance of Nature.

Since the Second World War, however, an avant-garde school of ikebana has appeared, the exponents of which, unlike those of the traditional schools, use lifeless materials such as iron, plaster, glass and the like arranged so as to give an impression of life through the vitality of form. Fundamental ikebana techniques include, on the one hand, those concerned with structure, such as fixing the materials in the vase, cutting off unwanted leaves and twigs, curving the materials, correcting kinks, and so forth. Then there are the preservation techniques that are concerned with plant physiology, such as cutting the stems in water, so as to prevent air bubbles from entering the trachea, singeing the end of the stem, soaking in chemicals and so forth.

Formerly, women generally practised ikebana as one of the social graces to be acquired before marriage. Nowadays, however, it is practised more for interior decoration, or just as an enjoyable pastime.

In addition to the above, flower design is also practised in Japan.

Cited by「cafe21」
http://cafe21.net/


いけばな
日本のいけばなは、切花を使った伝統的生活芸術で、15世紀ごろから盛んになった。
初期のいけばなは自然のままの素材と姿を重んじていたが、次第に素材は自然のものを用いながら、構成について理念的な意味づけが行なわれるようになった。
すなわち、いけばなの基本となる枝を天(宇宙)、地(地球)、人の3本とし、それぞれが調和のとれた大自然を表現する。
しかし伝統的ないげばなに対し、第二次大戦後生命のない鉄片・石膏・ガラスなども素材にしてそれに生命感を与え、生きた形として表現しようとする前衛的な いけばなが生まれた。いけばなの基礎技術としては、一つには素材を花器に定着させる方法、余分な枝葉の切り落し方、素材の曲げ方、ゆがみの直し方など造形 上の技法がある。このほか、くきの根本を焼いたり、薬品に浸したりして水揚げをよくしたりする技法など、植物生理に着目したものがある。
かって 日本では結婚前の嗜みとして、女性がいけばなを習うことが一般的に行なわれていたが、現在ではそれよりも室内装飾の一つとして、また生活を楽しむ趣味とし て、気軽に生活の中に浸透している。なお、日本では以上のほかに、欧米流のフラワーデザインも趣味として行なわれている。

引用:cafe21
http://cafe21.net/

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
Traditional Arts and Crafts-Gardens
コンテンツのトップ 次のページ
Buddhism


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。