Zen Buddhism

The Zen sect is one of the denominations of Buddhism. “Zen” is defined as an enlightened religious and mental state attained by achieving serenity of mind.

One of the practices used to obtain this serenity of mind is called zazen or “sitting in silent meditation.”

Eisai, Dogen and other Japanese priests introduced the Zen sect to Japan in the twelfth and thirteenth centuries after studying in China.

According to the Zen sect, truth is something which transcends the expressions of language and letters. It can only be grasped the direct proof of experience obtained in the practice of zazen.

The Zen sect has become the backbone of the samurai spirit, tea cult and ikebana or Japanese flower arrangement.

It has exerted great influence on Japanese thought, culture and literally all aspects of Japanese life.

In Japan today there are a good many people, besides the Zen priests, who pursue truth by practicing zazen. As a method of spiritual training, some people pay periodical visits to Zen temples for short sessions of zazen.

Cited by「cafe21」
http://cafe21.net/


禅宗は仏教の宗派の一つである。禅とは心を静めることによって得られる高次の宗教的内面的体験である。このように、心を鎮めるために座って静かに思いをこらすことが座禅である。

禅宗は12〜3世紀に中国から帰国した日本人僧侶(栄西・道元)によって伝えられた。禅宗では、真理は我々の言語・文学による表現を超えているとされ、座禅修道によって直接に自証体得することによってのみ把握されるものだとする。

禅宗は武士の精神の練磨や茶道・いけばななどのバックボーンになり、日本の思想や文化・生活全般に影響を与えた。

現在の日本では、禅宗の僧侶以外に自ら座禅をして真理を追究している人は少ないが、精神修養の方法とし、短期間禅寺に座禅をしにいくことは一部に行われている。

引用:cafe21
http://cafe21.net/