FONT SIZE

メインメニュー












ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

Facebook

Twitter


Twitterボタン

Christianity in Japan

Christianity first reached Japan in 1549 with the arrival at Kagoshima of Francis Xavier, a Catholic missionary belonging to the Society of Jesus.

At first, there were some members of the ruling class in Japan who were interested in Western culture and institutions and therefore friendly toward the propagation of the Catholic religion by the Jesuits. (At its peak, in the early seventeenth century, it is estimated that there were about seven hundred fifty thousand Christians in Japan; how great this number was can be judged from the fact that are only about this many Christians, inclusive of all sects, in modern-day Japan, although the population now is four times larger than it was around that time.) Later, though, it came to be considered a danger to the feudal order and was eventually repressed and banned. Christians were persecuted and in 1613 foreign missionaries were banished from the country. Even after Christianity was prohibited. quite a few believers carried on practicing their faith in secret.

After Japan established diplomatic relations with Europe and America in the latter half of the nineteenth century, propagation of the Christian faith again began to flourish

From 1859, Protestant missionaries from America started to arrive, and the Catholic and Russian Orthodox churches also became actively involved in missionary work. These foreign missionaries also engaged in social and educational activities, contributing to the introduction of American and European culture into Japan.

By “modern culture” in Japan is meant almost entirely the culture of the West. So also introduced into Japan, then, were some of those Christian morals and modes of life and thought that are central to the culture of the West. The present monogamous system of marriage is considered an example of such influences.

Cited by「cafe21」
http://cafe21.net/


キリスト教

日本に最初にキリスト教が伝えられたのは、1549年にカトリック教会のイエズス会士フランシスコ・ザビエルが鹿児島に渡来したときである。はじめ支配層 の中には西洋の文物に対する関心もあって、イエズス会のカトリック布教に好意的な者もあった。(17世紀初めの最盛期には、信徒が約75万人いたとされ る。この数は現在の日本のプロテスタントを含めた全キリスト教信者と同数であり、人口が現在の4分の1であったことを考えると、いかに多かったかがわか る。)のち、封建秩序に有害であると考え、次第に抑圧禁止するようになった。信者は迫害を受け、1613年には外国人宣教師は国外に追放された。カトリッ ク禁止後も、秘密に信仰を持ち続ける者も少なくなかった。

19 世紀後半、欧米と国交を開いてから再び日本におけるキリスト教布教が盛んになった。1859年以後、プロテスタント宣教師がアメリカから派遣され、またカ トリック、ロシア正教も布教活動を行なった。これらの外国人宣教師は、日本で社会事業や教育事業にも従事し、日本におけるヨーロッパ・アメリカの文化導入 に貢献した。

日本における近代文化とは、ほとんど欧米文化を意味したが、欧米文化の中心をなすキリスト教的思考・生活方式の一部、道徳なども日本に取り入れられた。現在の一夫一婦制などもその一例とされている。

引用:cafe21
http://cafe21.net/

プリンタ出力用画面
友達に伝える

前のページ
Shinto
コンテンツのトップ 次のページ
Zen Buddhism


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。