FONT SIZE

メインメニュー












ログイン

ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

サイト内検索

Facebook

Twitter


Twitterボタン


アルバムトップ : 7 動植物(Flora and fauna) : 2_食べ物(Foods) :  あさか舞画像を追加画像を追加

[<     16  17  18  19  20  21  22     >]

あさか舞
あさか舞高ヒット
投稿者cafe21-lilycafe21-lily さんの画像をもっと!   前回更新2014-8-28 12:49    友人に知らせる友人に知らせる
ヒット数1317  コメント数0    7.41037.41 (投票数 39)投票する投票する
郡山で生産された「コシヒカリ」「ひとめぼれ」の一等米で、
平成14年1月18日に商標登録された郡山産ブランド米です。(更新登録日平成23年12月22日 登録番号第5460011号)

 郡山市は、全国でも有数の米どころ。
 特にその味は、(財)日本穀物検定協会が実施している食味検定試験で、郡山市を中心とした福島県中通り産のひとめぼれが「特A」、コシヒカリが「A」にランクされ、おいしい米として高い評価を受けています(平成23年産)。

【なんで郡山のお米は美味しいの?】
 現在、気候変動の影響もあり、安定的に美味しいお米がとれる地域が少なくなっています。
 しかし、郡山がある「安積(あさか)平野」は、粘土質の肥よくな土壌、天を映す鏡のような湖「天鏡湖」と形容される東北最大の湖「 猪苗代湖」からの豊かな水、そして米づくりに適した気候など、お米作りには最良の条件を備えているためです。
※ 粘土質の土壌は、水張りが良く、肥料が流れにくいため、たくさんの栄養が稲に行き届き、おいしい米ができるといわれています。

【あさか舞のネーミングの由来は?】
 広大な「安積(あさか)平野」と郡山市の発展の礎を築いた「安積(あさか)開拓」等にちなみ、ひらがなの「あさか」の地名とおいしくて舞うような気持ちにさせる「舞」を組み合わせました。
 明治初期の日本の大転換期に、武士が刀を鍬に持ち替え、切り拓いたこの安積の大地が、猪苗代湖からの恵みの水で満たされ肥沃な大地へと変貌。まさに、先人が夢見た実りの大地へと生まれ変わりました。
 この郡山産米「あさか舞」は、この安積の大地に夢をかけた侍、商人、農民など全ての先人たちの想いが結実し、舞い降りた「奇跡の米」なのです。

詳細は下記をクリックしてご覧ください。
郡山市HP「郡山産ブランド米「あさか舞」」

[<     16  17  18  19  20  21  22     >]

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。